読み上げ用スキップ設定です。このスキップから本文へジャンプします

介護・認知症に関するアンケート

実施概要

担当部局 実施期間 対象者数 回答者数 回答率 最終報告
長寿介護課 2020年06月11日から 2020年07月02日まで 954 643 67% 表示

今回は、医療保健部長寿介護課からのアンケートです。
三重県では、高齢者が住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを可能な限り最期まで続けることができるよう、介護保険事業支援計画の策定と計画に基づく事業の実施を通じ、地域の包括的な支援・サービス提供体制(地域包括ケアシステム)の構築を推進しています。
つきましては、今後、策定を進める第8期三重県介護保険事業支援計画の参考とするため、高齢化社会の進展、介護、認知症に対する皆さんの考え方などについて、アンケートを実施します。



Q1 地域の支え合いについて

 これからの高齢社会を支えるため、地域で助け合う「互助」に期待が寄せられています。
 あなたは、地域の中で助け合うための「地域貢献活動」をしたいと思いますか。あてはまるものを1つ選んでください。

合計 643  
現在、地域貢献活動をしている 75 11.7%
きっかけがあれば地域貢献活動をしたい 181 28.1%
地域貢献をしたいが方法がわからない 67 10.4%
地域貢献をしたいが生活に余裕がない 168 26.1%
地域貢献にはあまり興味・関心がない 51 7.9%
地域貢献活動はしたくない 13 2.0%
有償ならやりたい 30 4.7%
わからない 46 7.2%
その他 12 1.9%

Q2 介護を受ける場所について

仮にあなたに介護が必要となった場合、どこで介護を受けたいですか。

合計 643  
在宅介護サービス(自宅で生活しながら受ける介護サービス)などを利用しながら、できるかぎり自宅で介護を受けたい 296 46.0%
特別養護老人ホーム(常に介護を必要とする高齢者を介護する施設)や老人保健施設(病状安定期にあり、介護を中心とした医療ケアが必要な高齢者向けの施設)といった介護保険施設を利用したい 113 17.6%
介護付き有料老人ホーム(入浴・排泄・食事等の生活サービスを提供する入所施設)やサービス付き高齢者向け住宅(バリアフリー構造で生活サービスが提供される高齢者向け住宅)などを利用したい 120 18.7%
わからない 109 17.0%
その他 5 0.8%

Q3 自宅で介護を受けたい理由について

 Q2で「在宅介護サービスなどを利用しながら、できるかぎり自宅で介護を受けたい」とお答えいただいた方にお聞きします。その理由について、主なものを2つまで選んでください。

合計 296  
住み慣れた自宅で生活を続けたいから 245 82.8%
施設で他人の世話になるのは嫌だから 32 10.8%
他人との共同生活はしたくないから 63 21.3%
施設に入るだけの経済的余裕がないから 87 29.4%
施設では自由な生活ができないと思うから 52 17.6%
自宅でも十分な介護が受けられるから 16 5.4%
具体的にどんな施設があるかわからないから 16 5.4%
施設を利用することになんとなく抵抗があるから 21 7.1%
わからない 1 0.3%
その他 9 3.0%

Q4 施設等を利用したい理由について

 Q2で「特別養護老人ホームや老人保健施設といった介護保険施設を利用したい」「介護付き有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅などを利用したい」とお答えいただいた方にお聞きします。その理由について、主なものを2つまで選んでください。

合計 233  
家族がいないから 16 6.9%
家族は仕事をしているなど、介護の時間が十分にとれないから 34 14.6%
家族は高齢や体が弱いなど、十分な介護ができないから 16 6.9%
家族に迷惑をかけたくないから 180 77.3%
専門的な介護が受けられるから 70 30.0%
緊急時の対応の面で安心だから 56 24.0%
現在の住まいで受けられる介護サービスが不十分だから 3 1.3%
介護のための部屋がない、入浴しにくいなど住宅の構造に問題があるから 15 6.4%
わからない 0 0.0%
その他 2 0.9%

Q5 介護を受けさせる場所について

 仮にあなたのご家族に介護が必要となった場合、どこで介護を受けさせたいですか。
※選択肢に記載された語句の説明は、Q2をご覧ください。

合計 643  
在宅介護サービスなどを利用しながら、できるかぎり自宅で介護を受けさせたい 288 44.8%
特別養護老人ホームや老人保健施設といった介護保険施設に入所して介護を受けさせたい 188 29.2%
介護付き有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅などに住み替えて介護を受けさせたい 80 12.4%
家族はいない 7 1.1%
わからない 65 10.1%
その他 15 2.3%

Q6 人生の最終段階における意思決定とその意見交換の実施について

 あなたは自分が亡くなる場所、亡くなる前にやりたいこと、治療方針などを考えて、家族等周囲の方にその考えを伝え、継続的に意見交換をしていますか。

合計 643  
考えていて、継続的に意見交換をしている 50 7.8%
考えていて、伝えたことがある 127 19.8%
考えているが伝えていない 198 30.8%
考えているが、伝える相手(家族等)がいない 12 1.9%
考えていない 226 35.1%
わからない 26 4.0%
その他 4 0.6%

Q7 高齢社会のための施策について

 高齢社会に対応していくため、日々の暮らしに関し、社会として最も重点を置くべき対策は何だと考えますか。主なものを2つまで選んでください。

合計 643  
老後でも安心して生活できるような年金の保障 427 66.4%
必要な時に医療・介護サービスを利用できる体制の整備 383 59.6%
体が不自由になっても生活できる住宅の整備 51 7.9%
移動手段・公共交通の整備など、高齢者に配慮した街づくりの推進 189 29.4%
働きたい高齢者が働くことができる就労機会の確保 93 14.5%
災害対策、交通安全対策、防犯など、安全・安心の確保 50 7.8%
わからない 5 0.8%
その他 9 1.4%

Q8 「三重県認知症コールセンター」について

あなたは、認知症に関する悩みや相談を受ける「三重県認知症コールセンター」をご存じですか。
※三重県認知症コールセンター:電話番号059-235-4165(よいろうご)
県ホームページアドレス

https://www.pref.mie.lg.jp/CHOJUS/HP/46923022904.htm">https://www.pref.mie.lg.jp/CHOJUS/HP/46923022904.htm

合計 643  
よく知っている 8 1.2%
少し知っている 45 7.0%
聞いたことはあるがあまり知らない 154 24.0%
全く知らない 436 67.8%

Q9 「認知症疾患医療センター」について

 あなたは、認知症に対する専門医療等を行う「認知症疾患医療センター」という機関をご存じですか。
県ホームページアドレス
https://www.pref.mie.lg.jp/CHOJUS/HP/46925022906.htm">https://www.pref.mie.lg.jp/CHOJUS/HP/46925022906.htm

合計 643  
知っている 24 3.7%
少し知っている 35 5.4%
聞いたことはあるがあまり知らない 115 17.9%
全く知らない 469 72.9%

Q10 「認知症カフェ」について

 市町・介護事業所・ボランティア等によって開催され、認知症の人やその家族、地域の人や介護等の専門職が集い、喫茶等をしながらの会話、相談や情報交換、仲間づくりを行うことのできる場である「認知症カフェ」をご存じですか。

合計 643  
よく知っている 27 4.2%
少し知っている 82 12.8%
聞いたことはあるがあまり知らない 149 23.2%
全く知らない 385 59.9%

Q11 若年性認知症について

 あなたは、65歳未満で発症する若年性認知症のことをご存じですか。

合計 643  
よく知っている 97 15.1%
少し知っている 283 44.0%
聞いたことはあるがあまり知らない 236 36.7%
全く知らない 27 4.2%

Q12 認知症に関する相談先について

あなたが、自身や家族等について認知症に関する不安を持ったとき、相談したいと考えるのは、誰(どこ)ですか。あてはまるものをすべて選んでください。

合計 643  
家族・親族 481 74.8%
知人・友人 167 26.0%
民生委員 25 3.9%
医療機関 393 61.1%
地域包括支援センター 159 24.7%
社会福祉協議会 79 12.3%
市町役場の保健福祉窓口 145 22.6%
電話相談(三重県認知症コールセンター等) 90 14.0%
わからない 32 5.0%
その他 5 0.8%

Q13 認知症サポーターについて

 「認知症サポーター」(認知症に関する講座を受講し、認知症について理解したうえで認知症の人やその家族を温かく見守る応援者)についてご存じですか。

合計 643  
よく知っている 56 8.7%
少し知っている 84 13.1%
聞いたことはあるがあまり知らない 175 27.2%
全く知らない 328 51.0%

Q14 認知症に対するイメージについて

 あなたは認知症に対してどのようなイメージを持っていますか。もっとも近いものを1つ選んでください。

合計 643  
認知症になっても、できないことを自ら工夫して補いながら、今まで暮らしてきた地域で、今までどおり自立的に生活できる 43 6.7%
認知症になっても、医療・介護などのサポートを利用しながら今まで暮らしてきた地域で生活していける 218 33.9%
認知症になると、身の回りのことができなくなり、介護施設に入ってサポートを利用することが必要となる 198 30.8%
認知症になると、暴言・暴力など周りの人に迷惑をかけてしまうので、今まで暮らしてきた地域で生活することが難しくなる 76 11.8%
認知症になると、症状が進行してゆき、何もできなくなってしまう 76 11.8%
その他 14 2.2%
わからない 18 2.8%

Q15 認知症施策について

 認知症施策について、重要だと思うものをすべて選んでください。

合計 643  
予防への取組 401 62.4%
早期発見への取組 466 72.5%
医療機関の整備 204 31.7%
医療機関と介護との連携の強化 353 54.9%
治療方法の開発 289 44.9%
施設やサービスの整備・充実 274 42.6%
介護職員への教育・研修 139 21.6%
正しい理解の普及 301 46.8%
相談支援体制の充実 231 35.9%
地域で支える取組 194 30.2%
若年性認知症患者への取組 159 24.7%
その他 9 1.4%